授業科目名(和文)
[Course]
造形デザイン領域演習Ⅲc
授業科目名(英文)
[Course]
Aesthetic Design Ⅲc Practice <Professional Practice in Aesthetic Design Ⅲc>
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
島田 清徳  自室番号(3201)、電子メール(textile**dgn.oka-pu.ac.jp)
樫尾 聡美  自室番号(7209)、電子メール(kashio**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 3単位
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学科造形デザイン領域3年次生(平成25年度以後入学生)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
現代のテキスタイルにおける表現は、様々な「技法」や「素材」を許容しながら、多様化・発展している。
この授業では、各自がオリジナル表現のための技法・素材を研究するとともに、課題1においては制作活動を通して知識や造形スキルを養うことは無論のこと、社会人としてとして自律的に仕事のできる能力、企画提案力、問題解決力、コミュニケーションスキル、自己管理力など、ものづくりをベースとしながらデザイナーに求められる様々な力を向上させることを目標とする。
課題1. テキスタイル素材と異素材による独創的なミュージアムグッズを制作し、学外の文化施設において成果を展示公開する。
課題2. シルクスクリーンプリント技法によるオリジナル作品を制作する。
到達目標
[Learning Goal]
1. オリジナルテクニックの開発・研究を実践する。
2. テキスタイル素材と異素材、作品と空間の関係についての考察を深める。
3. 企画提案、問題解決、プレゼンテーション、コミュニケーションなどの力を養う。
4. 学外文化施設において研究成果の展示発表を行う。
履修上の注意
[Notes]
美術館やギャラリーに積極的に足を運び、造形作品を観察することは勿論のこと、建築空間や空間と作品との関係性に対する観察や分析・考察を行うこと。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.「課題1. 独創的なミュージアムグッズの制作」課題説明、構想
2. 構想、サンプル制作(学外連携先への試作品の提案)
3. サンプルの深化
4. サンプルから作品制作へ(学外連携先へのオリジナルグッズの提案)
5. 作品制作 
6. 作品制作のまとめ(学外連携先での研究成果発表のための制作)
7. 作品提出、講評 
8.「課題2. シルクスクリーンプリント技法によるオリジナル作品の制作」課題説明、構想
9. 構想 
10. アイデアの展開
11. 原寸プランの作成
12. プリントのための準備 
13. 作品制作
14. 作品制作のまとめ
15. 作品・パネル提出、講評
※課題1.は、学外との恊働によるプロジェクトとして実施し、7月中旬から学外の文化施設において研究成果を展示発表する。

成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
授業への参加度(20%)、作品(80%)で総合的に評価する。
授業への参加度は授業や講評での発言を、作品は各自の造形イメージをオリジナルの表現へと展開できているか基準として評価する。
すべての課題を提出し、かつ出席率が2/3以上であること。
教科書
[Textbook]
教科書:使用しない。
参考書:使用しない。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
自主的かつ積極的に授業内容に関連する事例を調査し、知識を深めること。
キーワード:テキスタイル、ミュージアムグッズ、シルクスクリーンプリント
開講年度
[Year of the course]
28
備考 学外者との交流が想定されるため,礼儀をはじめとするコミュニケーションに充分配慮すること。
遅刻・欠席をしないこと。
課題作品等の提出は、期限を遵守すること。
資格等に関する事項 -