授業科目名(和文)
[Course]
造形デザイン領域演習Ⅰ
授業科目名(英文)
[Course]
Aesthetic Design Ⅰ Practice <Professional Practice in Aesthetic Design Ⅰ>
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
南川 茂樹  自室番号(3304)、電子メール(m3304**dgn.oka-pu.ac.jp)
難波 久美子  自室番号(3203)、電子メール(kumikon**dgn.oka-pu.ac.jp)
作元 朋子  自室番号(3204)、電子メール(harada**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 2単位
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学科2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
造形デザイン論Ⅰの内容を、実践を通して体得する。
人の営みの基本となる衣食住に関わる「生活シーン」の一場面をテーマにとりあげ、そのシーンの中でモノが成立する要件を学ぶとともに、モノからみた歴史(伝統と変化)・現代デザインや「生活シーン」の中でのモノの外からみた視点発見のための調査を実施する。その調査資料をふまえた発想演習をへて企画制作、企画パネルと共に展示の上、モニター及び自己評価を行い、次への展望をまとめる。
到達目標
[Learning Goal]
1.「生活シーン」が成立する要件を導きだすことができる。
2. 様々な技法・素材からなるシーンの中でのアイテムを、実践を通してその制作手法を学ぶことができる。
3. 新たな価値を持つライフスタイルが企画・立案できるようになる。
履修上の注意
[Notes]
実技を伴うため、適切な服装で臨むこと。
制作過程において、常に記録を取り、ノートにまとめること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 本演習の概要説明:技法のデモンストレーション①
2. 技法のデモンストレーション②
3. 技法のデモンストレーション③
4. 技法のデモンストレーション④
5. 技法のデモンストレーション⑤
6. 技法のデモンストレーション⑥
7. 課題のためのリサーチ
8. コンセプト構築、アイデア展開(マインドマップ法)
9. 企画立案:中間プレゼンテーション
10.図面・設計案作成
11.試作モデル検証
12.制作
13.制作
14.制作
15.プレゼンテーション及び講評
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
最終成果物(制作過程を記録した、制作ノートを含む):80%、出席状況及び授業態度等:20%
教科書
[Textbook]
教科書:特に使用しない。
参考書:適宜、案内する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
日頃からモノを観察する習慣をつけ、その素材や成り立ちを自身で調べること。
開講年度
[Year of the course]
28