授業科目名(和文)
[Course]
造形文化論Ⅱ
授業科目名(英文)
[Course]
Image Studies
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
樋笠 勝士  自室番号(3409)、電子メール(hikasa**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 2単位
対象学生
[Eligible students]
デザイン学部2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
「造形文化論Ⅱ」はImage Studiesとしての授業である。その主題は「形」や「像」と、それに関わる「想像力(imagination)」である。これらは「デザイン(形、意図、意匠、計画、目的、着想、設計等)」の概念と緊密に関係するのみならず、人間の生活の全領域に深く関わっている。これらの理解を問題意識を深めていく。
到達目標
[Learning Goal]
1.「形」や「像」と、それに関わる「想像力(imagination)」についての理解を深める。
2.「形(形相、形式、認識可能性)」と「デザイン」についての理解を更に深める。
3.現代的な課題を学び、問題意識を高める。
履修上の注意
[Notes]
しっかり出席すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.イントロダクション:「イメージ」とは何か
2.「像・イメージ」という言葉の汎用性
3.「像」の定義・・・西洋文化おいて
4.「像」の働き・・・「像をつくること(imagination)」
5. 宗教における「像」
6. 生活における「像」
7. 芸術における「像」
8. 文化をつくりだす「像」の多様性と豊かさ
9. 表象文化における様々な「像」を考える・・・ファッション①
10. 表象文化における様々な「像」を考える・・・ファッション②
11. 表象文化における様々な「像」を考える・・・映画①
12. 表象文化における様々な「像」を考える・・・映画②
13. 表象文化における様々な「像」を考える・・・写真
14. 表象文化における様々な「像」を考える・・・デザイン
15. Image Studiesと表象文化論
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
論述形式の定期試験(70%)と学習態度(30%)による。
教科書
[Textbook]
授業時にプリントを配布する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
「イメージ」という言葉は日常語である。改めて「イメージとは何か、どのような働きをもつのか」と問い、身の回りにある多くの事例を検証して、「像・イメージ」の豊かさや働きについての理解を深めてほしい。
開講年度
[Year of the course]
28