授業科目名(和文)
[Course]
情報デザイン学特論Ⅱ
授業科目名(英文)
[Course]
Theory of Information Design Ⅱ
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学研究科
学科(専攻)
[Department]
デザイン工学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
益岡 了  自室番号(3410)、電子メール(mas**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
1・2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
ユーザインタフェースデザインの社会的受容は,Donald A. Normanの著書「The Psychology Of Everyday Things(1988)」から始まったと考えられる。その出版のデザインに与えた影響やユーザインタフェースデザインの変遷を採り上げ,そのデザイン開発や技術的手法,人の感覚的な関連などを検証することで,ユーザ中心設計を基盤とした情報デザインの手法について理解を図る。
到達目標
[Learning Goal]
Donald A. Normanの著作 "The Design of Future Things: Author of The Design of Everyday Things" を講読し、情報デザインに関わるデザイン開発の現状と展望の理解を図る。
履修上の注意
[Notes]
デザイナーに求められる科学的態度、デザイン史的な知識の認識を希望する。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.オリエンテーション
2. テクニカル・タームの概説・概念の学習
3. 輪読範囲の設定と順番の決定、プレゼンテーションの概説
4〜14.輪読
15.講評と総合評価
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
出欠:30%、レポート:30%、授業態度:40%を基準に総合的に評価する。
教科書
[Textbook]
The Design of Future Things: Author of The Design of Everyday Things(Donald A. Norman著)
その他の関連資料を逐次配布する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
英語の読解能力、日本語表現力の向上にも留意すること。
開講年度
[Year of the course]
24
備考 授業内でレポートを課すことがある。
資格等に関する事項 特に無し。