授業科目名(和文)
[Course]
電子回路
授業科目名(英文)
[Course]
Electronic Circuits
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
人間情報工学科/スポーツシステム工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
穂苅 真樹  自室番号(2305)、電子メール(mhokari**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
後期 2単位
対象学生
[Eligible students]
2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
電子システムの基礎となる各種のトランジスタ回路について講義する。はじめに、無線通信等に用いられる超高速回路や自然界との入出力部分として雑音やひずみの混入がなく信号を忠実に増幅する回路として用いられているアナログ回路の必要性を説明する。続いてダイオード、トランジスタの基本動作を理解し、簡単なアナログ電子回路の設計ができるようになるための基本回路を習得する。さらに、増幅回路、発振回路、変復調回路などアナログ電子回路の基本を述べる。
到達目標
[Learning Goal]
1.直流バイアスおよび動作点について理解する。
2.交流(小信号)等価回路およびhパラメータについて理解する。
3.基本増幅回路を設計する。
4.負帰還増幅回路およびその効果について理解する。
5.複合増幅回路および発振回路の動作を理解する。
履修上の注意
[Notes]
履修の要件:電気回路Iの理解が必要である。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.ガイダンスおよび,電子回路の基礎
・アナログとディジタル、キルヒホッフの法則、インピーダンスについて説明する。
2.半導体
・半導体の物理特性、p型およびn型半導体について説明する。
3.ダイオード回路
・pn接合、電圧-電流特性、整流回路について説明する。
4.トランジスタ
・構造と動作の基本、トランジスタの特性について説明する。
5.トランジスタ回路
・基本回路、バイアス回路について説明する。
6.増幅回路の基礎
・増幅度、デシベル表示について説明する。
7.hパラメータ
・等価回路、入出力インピーダンスについて説明する。
8.増幅器の周波数特性
・低周波および高周波での増幅度の低下、ひずみについて説明する。
9.負帰還増幅回路
・正帰還・負帰還、エミッタホロワについて説明する。
10.差動増幅回路
・差動増幅器の構成および特徴について説明する。
11.演算増幅器
・同相・逆相増幅回路、仮想接地について説明する。
12.電力増幅回路
・A級、B級、C級動作、B級プッシュプル電力増幅回路について説明する。
13.発振回路
・発振の原理、各種発振回路について説明する。
14.変復調回路
・振幅変調回路、周波数変調回路について説明する。
15.まとめ
・講義についてのまとめについて説明する。
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
第16回目に実施する定期試験(論述式)(70%)、演習・レポート(論述式)(20%)、授業態度(積極性)(10%)の配点として総合的に評価する。
教科書
[Textbook]
教科書:「電子回路の基礎」、竹村裕夫、コロナ社
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
予習によって講義内容の概要を把握し、疑問点を明らかにしておく。
キーワード:電気電子回路、半導体、増幅回路、発振回路、変復調回路
開講年度
[Year of the course]
28
備考 特になし。
資格等に関する事項 特になし。