授業科目名(和文)
[Course]
プログラミング言語Ⅰ <プログラミング言語>
授業科目名(英文)
[Course]
Programming Language I <Programming Language>
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
人間情報工学科/スポーツシステム工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
山内 仁  自室番号(2103)、電子メール(yamauchi**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期2単位
対象学生
[Eligible students]
人間情報工学科1年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
プログラミング言語とは計算機で行う処理手順(プログラム)を記述するための言語であり、プログラム作成者はプログラミング言語によって行うべき処理を適切に表現しなければならない。本講義では組み込み機器の制御からエンターテイメントまで広範囲に用いられるプログラミング言語であるC言語を取り上げ、その基礎的な記法や関連知識について講述する。
到達目標
[Learning Goal]
1. データ型や演算子についての理解
2. 制御構文についての理解
3. 関数についての理解
4. 配列についての理解
履修上の注意
[Notes]
「ソフトウェア演習I」を履修すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 計算機とプログラミング言語
 プログラミング言語に位置づけおよび基本的なプログラミング方法について述べる.
2. 変数とデータ型
 変数宣言およびデータ型・識別子や予約語について述べる.
3. 式と演算子
 変数および定数に関する各種演算子について述べる.
4. 制御構造:if文およびfor文
 処理の流れを制御する制御文のうちif文による条件分岐およびfor文による繰り返しについて述べる.
5. 制御構造:while文,do~while文
 処理の流れを制御する制御文のうちwhile文およびdo〜while文による繰り返しについて述べる.
6. 制御構造:switch文
 処理の流れを制御する制御文のうちswitch文による多分岐について述べる.
7. コンソール入出力
 キーボード入力およびディスプレイ出力について述べる.
8. 関数:処理をまとめる
 一連の処理を一つの塊として扱う関数の作成について述べる.
9. 関数:値の受け渡し,引数と返り値(1)
 関数を用いた値の受け渡し方法として引数および戻り値について述べる.
10. 関数:値の受け渡し,引数と返り値(2)
 関数を用いた値の受け渡し方法として引数および戻り値について述べる.
11. 前処理
 前処理としてヘッダ読み込みおよび定数宣言について述べる.
12. 文字列操作
 文字や文字列に対する処理関数群について述べる.
13. 標準ライブラリ関数
 その他の標準ライブラリ関数について述べる.
14. ファイル操作
 プログラム内でファイルを扱う方法について述べる.
15. 総括
 講義内容全体を総括・復習する.
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
小テスト等を合わせて学習態度を評価する。評点の配分は、期末試験80%、学習態度20%とする。
教科書
[Textbook]
教科書: 「明快入門C」、林晴比古、ソフトバンククリエイティブ
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
プログラミング言語を理解するうえで「実際にプログラムを作成すること」は非常に重要である。そのためにも、各章末の演習問題を各自で取り組むこと。
キーワード:プログラミング言語,C言語
開講年度
[Year of the course]
28
備考 特になし