授業科目名(和文)
[Course]
エネルギー変換工学Ⅱ
授業科目名(英文)
[Course]
Energy Conversion Engineering II
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
情報システム工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
德永 義孝  自室番号(2306)、電子メール(tokunaga**cse.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
後期 2単位
対象学生
[Eligible students]
3年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
エネルギー変換は、あらゆるエネルギー供給・利用システムにおいて重要な役割を担っている。エネルギー変換工学Ⅱでは、電気エネルギーの変換に着目し、電力系統において使用される電気エネルギーの変換機器・技術に関する基礎知識を学習する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 電力系統における電気エネルギー変換の役割の理解
2. 電気エネルギーの変換機器・技術に関する基礎知識の修得
履修上の注意
[Notes]
1. 「電気回路Ⅰ」,「電力工学」などの関連授業科目を修得していることが望ましい。
2. 関数電卓を持参すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 授業の概要説明
2. 対称三相交流
3. 変圧器  :構造,動作原理,理想変圧器
4. 変圧器  :等価回路,三相変圧器,%インピーダンス
5. 変圧器  :変圧器の試験,効率
6. 誘導機  :構造,回転機共通の基本原理,等価回路
7. 誘導機  :負荷時・無負荷時の特性,始動特性,誘導発電機
8. 同期機  :構造,動作原理,等価回路
9. 同期機  :特性試験,同期電動機
10. 直流機 :構造,動作原理,等価回路
11. 直流機 :励磁方式,始動方式
12. 交直変換技術  :直流送電,太陽光発電など
13. 照明
14. 電力貯蔵 :電池,蓄電池,電力貯蔵技術
15. まとめ  :省エネルギー,スマートグリッド,電力品質など
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
試験またはレポート(80%)と授業への参加度(20%)で評価する。なお出席率2/3以上を成績評価の資格とする。
教科書
[Textbook]
教科書:使用しない。
参考書:必要に応じて紹介する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
3年次前期までに履修する関連授業科目(電気回路Ⅰ,機械物理学実験A,電力工学)の基礎知識を修得していることを前提に講義する部分がある。このため、基本事項については「電気回路Ⅰ」の教科書や授業で配布された資料などで学習すること。
開講年度
[Year of the course]
28