授業科目名(和文)
[Course]
情報通信工学実験ⅠA
授業科目名(英文)
[Course]
Information and Communication Engineering Experiment IA
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
情報通信工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
福嶋 丈浩  自室番号(2310)、電子メール(fuku**c.oka-pu.ac.jp)
坂口 浩一郎  自室番号(2316)、電子メール(koichiro**c.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
後期 1単位
対象学生
[Eligible students]
情報通信工学科2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
電気回路ならびに電子回路を中心としたハードウエアに関する実験を通して、情報通信工学における基礎的な技術や問題解決能力を身につける。具体的には、オシロスコープなどの測定機器の使い方を学んだ上で、電気回路や半導体素子の特性を測定する技術を身につける。さらに、アナログ回路を実際に設計・製作することで問題解決能力を養う。
到達目標
[Learning Goal]
(1) オシロスコープなどの測定機器を活用した測定技術を身につける。
(2) 抵抗、コンデンサ、コイルなどの回路素子および半導体素子の動作を理解する。
(3) 実験結果を理論に照らし合わせて考察する力を身につける。
(4) 実験結果をまとめて発表する能力(技術文書の作成能力、プレゼンテーション能力)を身につける。
履修上の注意
[Notes]
履修の要件:「電気回路I」、「電気回路II」、「電子回路」を履修していることが望ましい。
その他  :全回出席および全報告書の提出を要す。三角関数や平方根が計算できる関数電卓、方眼紙、定規を持参すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.実験テーマの説明および報告書作成上の注意
 情報通信工学実験IAで取り組む実験テーマについて説明するとともに、履修上の注意や報告書作成上の注意について説明する。
2.交流電圧の測定とホイートストンブリッジによる抵抗の測定
 オシロスコープを用いた交流電圧の測定方法を学ぶ。また、ホイートストンブリッジを用いて50本の電気抵抗の測定を行い、平均値や分散を求める。
3.フィルタ回路の周波数特性の測定
 抵抗とコンデンサで構成されるローパスフィルタやハイパスフィルタの周波数特性を測定して、遮断周波数を求める。
4.RLC 直列回路の共振特性の測定
 RLC直列共振回路の周波数特性を測定して、共振周波数や共振の鋭さを求める。
5.半導体素子(ダイオード、トランジスタ) の特性測定
 ダイオードの電圧-電流特性を測定して整流作用を確認する。また、トランジスタを用いたエミッタ接地形式の増幅器に対して電流増幅率を測定する。
6.演算増幅器を用いたアナログ演算回路の特性測定
 演算増幅器を用いた演算回路(加算回路、減算回路、積分回路、微分回路)の入出力電圧波形を観測して、演算回路の動作を確認する。
7.マルチバイブレータの設計
 与えられた仕様を満足するマルチバイブレータ(非安定マルチバイブレータ、単安定マルチバイブレータ)を設計する。
8.マルチバイブレータの動作確認実験
 ブレッドボード上に設計したマルチバイブレータを組立て、出力電圧波形を観測することにより動作の確認を行う。
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
全ての実験に出席し、全ての報告書を提出することを前提とする。授業科目の各到達目標がどれだけ達成されているかを報告書(5通)、プレゼンテーション、実技試験により総合的に評価する。評点の配分は、報告書70%、プレゼンテーション20%、実技試験10%とする。
教科書
[Textbook]
教科書:教科書は使用しないが、初回に担当教員が作成した実験のテキストを配布する。
参考書:図書館に電気回路、電子回路、半導体デバイスに関する書籍が多数あるので参考にすると良い。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
情報通信工学演習Cのハードウエアに関する実験内容を十分に復習しておくこと。
実験のテキストを事前に良く読んでおくこと。
実技試験に備えて測定機器の使い方を良く身につけておくこと。
キーワード:交流回路、ダイオード、トランジスタ、演算増幅器、マルチバイブレータ
開講年度
[Year of the course]
28