授業科目名(和文)
[Course]
保育実習Ⅲ
授業科目名(英文)
[Course]
Child Care Practice Ⅲ
学部(研究科)
[Faculty]
保健福祉学部
学科(専攻)
[Department]
保健福祉学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
中野 菜穂子  自室番号(5122)、電子メール(nakano**fhw.oka-pu.ac.jp)
京林 由季子  自室番号(5214)、電子メール(kyoba**fhw.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 集中 2単位
対象学生
[Eligible students]
保健福祉学科 子ども学専攻 4年生 
授業概略と目標
[Course description and Objects]
これまでの学習や実習などを踏まえ、理論と実践とを総合させ、施設養護にかかわる保育士の専門的態度と技術を習得する。
到達目標
[Learning Goal]
1.児童福祉施設(保育所以外)の擁護を実際に実践し、保育士として必要な資質・能力・技術を習得する。
2.家庭と地域の生活実態にふれて、子ども家庭福祉ニーズに対する理解力・判断力を養う。
3.子育てを支援するために、必要とされる能力を養う。
履修上の注意
[Notes]
保育実習指導Ⅲとあわせて履修すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
実習施設の実習担当職員の指導を得ながら、養護全般に参加するなかで以下の点を体験的に習得する。
1.子どもの個人差について理解し、対応方法を習得する。
2.発達段階や生活環境にともなう子どものニーズを理解し対応について学ぶ。
3.援助計画を立案し、実践する。
4. 子どもと家族とのコミュニケーションの方法を習得する。
5.地域社会に対する理解を深め、連携の方法について学ぶ。
6.子どもの最善の利益を具体化する方法について学ぶ。
7.保育士としての倫理を具体的に学ぶ。
8.児童福祉施設の保育士に求められる資質・能力・技術に照らし自己の課題を明確化する。
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
実習施設からの資料(実習評価表他)、実習日誌をもとに総合評価する。
評点の配分は、実習施設からの資料(60%)、実習日誌(40%)である。
なお、守秘義務違反・子どもの人権侵害などの保育士倫理への抵触や、実習施設の就業規則への抵触など、実習生として不適切な言動が認められれば、実習施設長との協議や学科内での検討を経て、実習を中止あるいは延期したり、評価対象としない場合がある。
教科書
[Textbook]
教科書:なし


自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
就職活動や卒業研究と両立できるように、計画的に準備を進めること。
開講年度
[Year of the course]
28
資格等に関する事項 保育士資格選択必修