授業科目名(和文)
[Course]
介護総合演習Ⅲ
授業科目名(英文)
[Course]
Care Work Exercise Ⅲ
学部(研究科)
[Faculty]
保健福祉学部
学科(専攻)
[Department]
保健福祉学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
佐藤 ゆかり  自室番号(6611)、電子メール(satoyuka**fhw.oka-pu.ac.jp)
松田 実樹  自室番号(5111)、電子メール(m.matsuda**fhw.oka-pu.ac.jp)
谷口 敏代  自室番号(5115)、電子メール(taniguti**fhw.oka-pu.ac.jp)
原野 かおり  自室番号(5113)、電子メール(k-harano**fhw.oka-pu.ac.jp)
趙 敏廷  自室番号(5105)、電子メール(cho**fhw.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 1単位
対象学生
[Eligible students]
保健福祉学科 4年次生(社会福祉学専攻 介護福祉コース)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
 在宅で生活している高齢者や障害のある人の生活を理解するとともに、個別ケアを実践し自立支援の方法について学ぶ。
到達目標
[Learning Goal]
介護福祉実習Ⅲ-1に関する演習
1.施設で生活する障害のある人の暮らしと環境を理解する。
2.利用者及び家族との関わりを通じたコミュニケーションの実践ができる。
3.利用者の生活リズムや障害徳性を理解した上で、必要な支援方法について学ぶ。
4.他職種協働や関係機関との連携のあり方を学び、チームにおける介護福祉士の役割について理解する。

介護福祉実習Ⅲ-2に関する演習
1.地域で生活している人の様々な生活様式や個性を理解した上で、必要な支援方法について学ぶとともに、介護福祉活動の実際と課題について理解する。
2.在宅サービスを中心とした介護福祉の実際を体験し、利用者および家族とのコミュニケーションを通じて、QOLの維持・向上のための包括的生活支援のあり方について理解する。
3.他職種協働や関係機関との連携を通じたチームの一員としての介護福祉士の役割について理解する。
4.在宅実習の目標を達成するために必要な基本的知識・技術・態度を養い、介護福祉観を明確にする。
履修上の注意
[Notes]
 全出席が原則である。地域で生活されている住民に個別に対応することから、礼儀作法や倫理性がより強く要請されることを自覚して実習に臨むこと。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
〈実習形態〉3年次前期集中実習(76時間)、3年次後期集中実習(104時間)

〈実習施設〉障がい者支援施設、短期入所療養介護施設、通所リハビリテーション事業所、通所介護事業所、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所等

〈事前学習〉施設、事業所や法制度について理解を深めるとともに実習課題を確認する。

〈施設実習〉
1.利用者個別の生活行為や動作の支障の程度を観察し、その原因や誘因について考える
2.利用者の情報収集、アセスメント、ニーズの抽出、記録作成
3.障がい者支援施設、短期入所療養介護施設における利用者の特性に応じた生活支援技術の実践
4.利用者の特性に応じたコミュニケーションを図る
5.通所リハビリテーションまたは通所介護事業所での介護福祉実践
6.生活リハビリテーションに参加
7.通所事業所利用者等へのレクリエーションの企画・実践・評価
8.訪問介護に同行し、在宅における介護福祉実践を見学・体験
9.居宅介護支援事業の見学および同行訪問
10.ケアプランに基づく包括的生活支援のありかたについて学ぶ
11.ケースカンファレンス、ケアマネジメント場面、行事、会議や委員会等に参加
12.他職種との連携およびチームの一員としての介護福祉士の役割について理解する
13.地域での生活および地域の社会資源とその活動内容を理解する
14.人生観、生命観、介護福祉観を深める
15.実習総括

〈実習指導〉
 施設の指導者による実習指導、週1回の教員による巡回指導

〈総括〉
 施設指導者・教員で行う

〈事後学習〉
 学内反省会、模擬カンファレンス、ケースレポート作成等を行う
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
課題学習(60%)、学習態度(40%)により総合的に評価する。
教科書
[Textbook]
岡山県立大学介護福祉実習要綱
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
既習科目の復習しておくこと。
法律、制度、施策等の最新情報を収集しておくこと。
開講年度
[Year of the course]
28