授業科目名(和文)
[Course]
社会福祉原論
授業科目名(英文)
[Course]
Principals of Social Welfare
学部(研究科)
[Faculty]
保健福祉学部
学科(専攻)
[Department]
保健福祉学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
井村 圭壯  自室番号(5123)、電子メール(imura**fhw.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 2単位
対象学生
[Eligible students]
保健福祉学科 1年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
人間の尊厳を広く人類の歴史に求め社会福祉の原理を示す。社会的存在としての人間が直面する生活上の困難を「共生」の視点から自立支援のあり方を提示する。
到達目標
[Learning Goal]
1.「人間・社会・尊厳・自立」についての概念を理解する。
2.自己の人間観、価値観を確立する基礎を身につける。
履修上の注意
[Notes]
・関連する図書や文献を読み、自ら理解を深めること。
・各回の講義内容をまとめること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.社会福祉理念の発達
2.科学としての社会福祉
3.労働問題の構造と対策
4.生活問題の構造とその対策としての社会福祉
5.社会福祉の主体
6.社会福祉の対象
7.社会福祉の方法
8.現代社会における人間の尊厳と自立①リハビリテーション
9.現代社会における人間の尊厳と自立②インテグレーション、インクルージョン
10.現代社会における人間の尊厳と自立③ノーマライゼーション、憲法、生存権
11.自立とはなにか①社会適応の自立
12.自立とはなにか②自己実現の自立
13.共生の原理
14.福祉実践における共生の視座、協働、自己決定、自律、共感、自立、愛情、技術
15.社会福祉専門職と倫理
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
授業科目の目標についての達成度を測るため、小テスト(含レポート)、中間・期末試験、学習態度により総合的に評価する。評点の配分は中間・期末試験70%、小テスト20%、学習態度10%である。
教科書
[Textbook]
教科書:井村圭壯他編著『社会福祉の制度と課題』学文社
     『社会福祉小六法』2016 ミネルヴァ書房
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
新聞の記事の中で社会福祉に関する事項を熟読すること。
開講年度
[Year of the course]
28