授業科目名(和文)
[Course]
運動生理学
授業科目名(英文)
[Course]
Exercise Physiology
学部(研究科)
[Faculty]
保健福祉学部
学科(専攻)
[Department]
看護学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
綾部 誠也  自室番号(5119)、電子メール(ayabe**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
後期 1単位
授業概略と目標
[Course description and Objects]
 運動生理学は,身体の運動に関する生理学であり,運動が身体に及ぼす効果や影響,身体が運動に与える効果や影響を研究する学問である.
 本科目は,特に,筋収縮(骨格筋機能)に由来する身体に対する急性と慢性の影響を理解する.
到達目標
[Learning Goal]
・身体動作を司る身体の機能を理解する
・継続的身体運動に伴う身体の適応を理解する
・疾病の予防治療に果たす骨格筋の役割を理解する
履修上の注意
[Notes]
特になし.
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 運動生理学総論.運動生理学の基礎と成り立ちを学習する.
2. 運動と骨格筋.運動に対する骨格筋の役割を理解する.
3. 運動と神経系.運動に対する神経系の役割を理解する.
4. 運動と代謝.運動時のエネルギー代謝を理解する.
5. 運動と呼吸循環.運動時の呼吸循環応答を理解する.
6. 運動と内分泌.運動時のホルモン分泌を理解する.
7. 運動と内部環境および外部環境.運動中に生理機能に対する外部環境の影響を理解する.
8. 運動と体力・疲労.運動がもたらす身体疲労を理解する.
9. 運動と健康.運動が健康に果たす生理的機能を理解する.
10. 運動処方と運動療法(一般).運動処方の原則を理解する.
11. 運動処方と運動療法(有疾患者・高齢者).有疾患者・高齢者に対する運動処方の原則を理解する.
12. 運動処方と運動療法(女性).女性に対する運動処方の原則を理解する.
13. 運動と免疫.運動に伴う免疫機能の変化を理解する.
14. 運動と遺伝子.運動と遺伝子発現を理解する.
15. 至適運動強度.安全かつ効果的な運動を理解する.
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
1.授業成績評価には2/3以上の出席数が必要であり、出席数が10回未満の場合は不認定となる.
2.授業成績は、授業への取組み態度(15%),小テスト(10%),試験(75%)により総合評価し、総合評価が60%以上で合格となる.
教科書
[Textbook]
授業レジュメを配布する.
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
事前学習:シラバスおよび講義スケジュールを基に当日の内容を確認の上で出席すること.
事後学習:講義の内容を十分復習しまとめを行うこと.
開講年度
[Year of the course]
28
備考 特になし
資格等に関する事項 特になし