授業科目名(和文)
[Course]
スポーツⅠ(情報通信工学科)
授業科目名(英文)
[Course]
Sports I
学部(研究科)
[Faculty]
共通教育/全学教育
学科(専攻)
[Department]
健康科学 <健康の維持・増進>
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
綾部 誠也  自室番号(5119)、電子メール(ayabe**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 1単位
授業概略と目標
[Course description and Objects]
スポーツを通して,身体的・精神的に健康な身体を育み,生涯を通じてスポ-ツに関わる技術と知識を身につけるだけでなく,その競技特性を生かし,チームメートと協力して競技力の向上を主体的に考える能力を養う.
到達目標
[Learning Goal]
1.スポーツを通して,社会人として必要な人間力(コミュニケーション能力,主体性,問題解決能力など)の気づきの機会とする.
2.スポーツの基本的技術の習得と競技規則の理解する.
3.観るスポーツとしてのスポーツの楽しみかたを理解する.
履修上の注意
[Notes]
・運動服と運動用シューズ(体育館では体育館用シューズ)を着用すること.
・危険防止のため,アクセサリー類をはずし、長い髪は束ねること.
・貴重品は各自で管理し,盗難防止に努めること.
・授業計画は受講者の体力・運動能力レベルと天候により変更する.
・体調管理を万全に行い,環境(暑熱・寒冷)の変化に応じ水分補給等の必要な準備を行い受講すること.
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1 オリエンテーション・体力測定
全体でオリエンテーションを行い,体力測定(屋内種目)を実施する.
(体力測定項目はクラスによって順序が変わるため,担当教員の指示に従うこと.)
2 体力測定
屋内種目,屋外種目を実施する.
3 体力測定
屋外種目の実施と測定結果を基に自己の体力レベルを判定する.
4 (4〜15回はクラスによって順序が変わる.)
  屋内スポーツの基礎技術
それぞれのスポーツ種目を楽しむために必要な基礎技術を習得する.
5 基礎技術を活かしたゲーム(基礎)
基礎技術の確認と、それを活かした簡易なゲームを行うことによりルールの理解を深める.
6 基礎技術を活かしたゲーム(発展)
基礎技術の確認と、それを活かしたゲームを行い、応用技術の重要性を確認する.
7 屋内スポーツの応用技術
より高度にゲームを楽しむために必要な応用技術を習得する.
8 応用技術を活かしたゲーム(基礎)
応用技術の確認と、それを活かしたなゲームを行うことにより戦術の理解を深める.
9 応用技術を活かしたゲーム(発展)
応用技術の確認と、それを活かしたなゲームを通じて自分たちで戦術の工夫ができるようになる.
10屋外スポーツの基礎技術
より高度にゲームを楽しむために必要な基礎技術を習得する.
11基礎技術を活かしたゲーム(基礎)
基礎技術の確認と、それを活かしたゲームを行い、応用技術の重要性を確認する.
12基礎技術を活かしたゲーム(発展)
基礎技術の確認と、それを活かしたなゲームを通じて自分たちで戦術の工夫ができるようになる.
13屋外スポーツの応用技術
より高度にゲームを楽しむために必要な応用技術を習得する.
14応用技術を活かしたゲーム(基礎)
応用技術の確認と、それを活かしたなゲームを行うことにより戦術の理解を深める.
15応用技術を活かしたゲーム(発展)
応用技術の確認と、それを活かしたなゲームを通じて自分たちで戦術の工夫ができるようになる.
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
・授業成績評価には2/3以上の出席数が必要である.
・授業成績は,授業への取組み態度(主体性やグループワークなど:70%),技能(20%),レポート提出(10%)により総合評価し,総合評価が60%以上で合格となる.
教科書
[Textbook]
適宜.資料を配付する.
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
事前学習:配布資料を参照して自主的に体力・運動能力向上に努める.
事後学習:配布資料に授業内容を整理する.
開講年度
[Year of the course]
28
備考 受講者数,受講者の体力等に応じて内容を変更することがある
資格等に関する事項 免許法施行規則第66条の6に定める科目