授業科目名(和文)
[Course]
健康科学入門
授業科目名(英文)
[Course]
Introduction to Health Science
学部(研究科)
[Faculty]
共通教育/全学教育
学科(専攻)
[Department]
健康科学
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
髙戸 仁郎  自室番号(5114)、電子メール(takato**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 2単位
対象学生
[Eligible students]
選択科目 看護学科,栄養学科,保健福祉学科,情報通信工学科,情報システム工学科,デザイン工学科,造形デザイン学科,1年次生 必修科目 人間情報工学科,1年次生(H28入学〜)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
生活の利便化、快適化と引き替えに、身体運動を伴う生活場面や肉体労働はますます減少し、人間は体力の減退、肥満等の生活習慣病に悩まされることになった。本講義では、今後必要となる自己の健康管理に必要とされる基本的な内容を、運動(スポーツ)、疾病、栄養等の側面から具体的に学ぶ。
到達目標
[Learning Goal]
1 健康の維持・増進のために必要な身体に関する知識を身につける.
2 運動の意義・必要性について理解し,実践できるようになる.
3 生涯にわたって自他の健康で豊かな生活を送る知識と方法を身につける.
履修上の注意
[Notes]
特になし
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.  健康とは
  大学で健康科学を学ぶ意義と多様な健康観について学ぶ
2.  心身の発育・発達と老化
  我が国の死因の変化をたどり,平均寿命や死亡率から分かることについて学ぶ
3.  我が国の健康づくり施策の動向
  現行の健康日本21とそれに繋がる健康づくり施策を概観し,その成果と課題を考える
4.  健康な生活と環境
  現代社会が抱える健康の課題について学ぶ.
5. スポーツと健康
  行動体力と健康の関係を知り,体力の基準値やスポーツによる消費エネルギーについて学ぶ.
6.  健康とスポーツを支える筋肉
  運動に必要な筋の種類と特性について学び,効果的な運動について考える.
7.  運動を正しく安全に行うために
  運動の効果を上げるために留意すべきトレーニングの原則について学ぶ.
8.  ウォーミングアップとクーリングダウン
  暑熱・寒冷環境における運動への配慮について学ぶ.  
9.  健康運動の実際
  有酸素性運動,レジスタンス運動,ストレッチ,リラクセーションなどについて実施上の注意点などについて学ぶ.
10. 健康のための栄養
  食生活の現状を知り,健康づくりのための栄養と食生活について学ぶ.
11. 体重管理のための食事と栄養
  肥満の起きるメカニズムを知り,正しいダイエット法について考える.
12. メタボリックシンドロームの運動・食事療法
  メタボリックシンドロームについて知り,健康づくりのために推奨されている身体活動について学ぶ.
13. 嗜好品と健康
  飲酒,喫煙と健康の関係について学び,ハラスメント,健康被害などについて考える.
14. こころの健康づくり
  ストレスについて知り,その測定法について学ぶ.
15. ストレスとスポーツとの関係
  ストレスに対抗する防衛機制についてスポーツの事例に置き換えて考え,スポーツによって引き起こされる病気について学ぶ.
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
成績は、期末試験(100%)により評価する。ただし、定期試験の受験資格は授業実施時間数の3分の2以上の出席の者である。
教科書
[Textbook]
教科書
今村裕行ら(著)、イラスト「健康増進科学概論」─運動・栄養・休養─、東京教学社
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
健康に関する記事や関連図書を読み,自分自身の健康管理に興味を持っておくこと.
開講年度
[Year of the course]
28
備考 特になし.