シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2017/06/15 現在

科目名(和文)
/Course
造形文化論Ⅰ
科目名(英文)
/Course
Aesthetics
時間割コード
/Registration Code
00A27301
学部(研究科)
/Faculty
共通
学科(専攻)
/Department
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
樋笠 勝士
オフィスアワー
/Office Hour
樋笠 勝士(1Q,2Q:火曜日4限。
3Q,4Q:月曜日昼休み、水曜日昼休み。)
開講年度
/Year of the Course
2017年度
開講学期
/Term
第3クォーター
対象学生
/Eligible Students
情報通信工学科1年,情報通信工学科2年,情報通信工学科3年,情報通信工学科4年,情報通信工学科5年,情報通信工学科6年,デザイン学部1年,デザイン学部2年,デザイン学部3年,デザイン学部4年,デザイン学部5年,デザイン学部6年
単位数
/Credits
2
更新日
/Date of renewal
2017/03/24
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
該当なし
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
「造形文化論Ⅰ」はAestheticsを学ぶ。Aestheticsが扱う主題は「美」と「芸術」と「感性」である。それぞれ「デザイン(形、意図、計画、意匠、着想、目的等)」の概念と密接につながっていると共に、人間の生活のすべてに関わるものでもある。この主題に即して、西洋思想に基づきつつ、東洋思想、とりわけ日本文化にも目を配りたい。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
美学、芸術学、美術、デザイン、感性など。
履修上の注意
/Notes
出席が肝要です。
教科書
/Textbook(s)
ない。配布物があります。
参考文献等
/References
授業中に紹介します。
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
前もって、芸術に対する自分の感性や、「美しい」の意味について考えておいてください。
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
なし。
備考
/Notes
なし。
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配布資料
/Handouts
1 1 [イントロダクション]
「造形文化」とAestheticsの関係
デザインの美を考える。 配付資料あり
2 [「美とは何か」という基本的な問い]
生活の中における価値とは何か?
生活環境を調べて価値の度合いを考える。 配付資料あり
3 [「美」の定義]
西洋思想を基底とする古典的な理解とは?
「美」の意味を考える。 配付資料あり
4 [「美しいもの」の分類の試み]
美にはどのような美があるのか?
「美」が当てはまるものを考える。 配付資料あり
5 [「美しい」の判断と美的経験]
「美」とはどのような経験なのか?
「美」の経験の意義を考える。 配付資料あり
6 [「芸術」の起源]
美は芸術とどのように関係しているのか?
「芸術は美しい」はどのようなものに当てはまるのかを考える。 配付資料あり
7 [「芸術」の定義]
「芸術 art 」の定義とその近代的な(modern)概念
artという言葉の意味を調べる。 配付資料あり
8 8 [「 art 」の定義]
「芸術 art 」の定義とその現代的な(contemporary)概念
artが現代にはどのように使われる言葉であるのかを考える。 配付資料あり
9 [「芸術 art 」の課題と挑戦]
現代的な課題とは?挑戦的な芸術とは?
最先端のartを調べる。 配付資料あり
10 10 [感性とは何か]
人間精神の能力としての理性と感性の対立
「感じる」と「考える」の違いを考えてみる。 配付資料あり
11 11 [感性の意義とは何か]
人間精神の能力としての理性と感性の調和
「感じる」と「考える」一致経験を考えてみる。 配付資料あり
12 12 [美意識を考える。]
感性と美意識(aesthetic category)
「かっこいい」「かわいい」は「美しい」とどう違うかを考える。 配付資料あり
13 13 [美意識の多様性]
東洋的感性と西洋的感性について比較する。
東洋と西洋の文化の差を語ってみる。 配付資料あり
14 14 [日本的美意識]
「いき」について考えてみる。
「いき」を調べる。 配付資料あり
15 15 [まとめ]
Aestheticsの現代的課題
「美学」の学問の意義をまとめる。 配付資料あり
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
1 「デザインの美」を考える。
2 デザインの感性的な価値を考える。
3 美学理論を学ぶ。
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
リアクションペーパー 学修態度
1 「デザインの美」を考える。
2 デザインの感性的な価値を考える。
3 美学理論を学ぶ。
評価割合(%)
/Allocation of Marks
60 30 10

科目一覧へ戻る