シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2017/06/15 現在

科目名(和文)
/Course
デザイン工学特別演習
科目名(英文)
/Course
Special Exercise on Design and Technology
時間割コード
/Registration Code
73910201
学部(研究科)
/Faculty
デザイン学研究科 修士課程
学科(専攻)
/Department
デザイン工学専攻
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
村木 克爾 , 岩本 弘光 , 津田 勢太 , 福濱 嘉宏 , 西川 博美 , 林 秀紀 , 河合 大介 , 畠 和宏 , 朴 貞淑 , 三原 鉄平 , 小野 英志 , 益岡 了 , 上田 篤嗣 , ブルネリ アンソニー , 森下 眞行 , 尾崎 洋
オフィスアワー
/Office Hour
村木 克爾(月曜日4、5、6限)
岩本 弘光
津田 勢太(水2)
福濱 嘉宏
西川 博美(第1Q:月4,第2Q:火3,第3Q:月2,第4Q:金3)
林 秀紀
河合 大介(木曜 12:00-12:30 3407研究室)
畠 和宏(木4 7203研究室)
朴 貞淑(木4、)
三原 鉄平(第1Q;木2, 第2Q;木2, 第3Q;木2, 第4Q;木2)
小野 英志(1Q:金5 2Q:火2)
益岡 了(1Q:水2
2Q:水2
3Q:火2
4Q:火2)
上田 篤嗣(第1Q 第2Q:水曜日3限 第3Q 第4Q:火曜日5限)
ブルネリ アンソニー(第1Q:月1; 第2Q: 月2; 第3Q: 月 1; 第4Q: 月1)
森下 眞行(火曜日(3,4,5限))
尾崎 洋
開講年度
/Year of the Course
2017年度
開講学期
/Term
前期
対象学生
/Eligible Students
2年
単位数
/Credits
2.0
更新日
/Date of renewal
2017/03/29
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
該当なし
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
特別研究の指導教員の助言のもとに、特別研究のテーマに関する担当教員を定め、担当教員の研究室において行われる研究に参加して、文献講読、調査、討論を行う。また、必要に応じて、研究テーマに関して、輪講、演習、実習を行う。研究指導は、専攻に所属する指導教員と副指導教員が行うが、テーマによっては他分野の専任教員が協力する場合もある。
専攻長における授業概略を示す。
村木 克爾:プロダクトデザインの製品化に関するテーマを取り上げ、企画から設計・製造までの一連の流れを学びながら、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
特別研究のテーマならびに周辺領域に関する専門知識。学術論文レベルの構成・執筆能力。
履修上の注意
/Notes
担当教員との主体的交流により、自身の研究テーマの深化に努めてもらいたい。
評価基準は、担当者それぞれに問い合わせられたい。
教科書
/Textbook(s)
指導教員において別途指示、または配布、または貸与する。
参考文献等
/References
指導教員において別途指示する。
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
担当者それぞれに問い合わせられたい。
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
なし。
備考
/Notes
授業補助:中原 嘉之
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配布資料
/Handouts
1 1-30 [特別演習]
テーマに対応したスケジュールを指導教員と相談して、決定する。
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
1 研究テーマに関する、文献や既往研究等の利用法の習得。
2 演習等を通じての、実践的・具体的な研究遂行能力の涵養。
3 研究成果の、学会等における適正なプレゼンテーション技能の獲得。
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
担当者の定める基準
1 研究テーマに関する、文献や既往研究等の利用法の習得。
2 演習等を通じての、実践的・具体的な研究遂行能力の涵養。
3 研究成果の、学会等における適正なプレゼンテーション技能の獲得。
評価割合(%)
/Allocation of Marks
100

科目一覧へ戻る