シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2017/06/15 現在

科目名(和文)
/Course
デザイン材料演習Ⅳ
科目名(英文)
/Course
Design Materials Ⅳ
時間割コード
/Registration Code
33010201
学部(研究科)
/Faculty
デザイン学部
学科(専攻)
/Department
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
南川 茂樹
オフィスアワー
/Office Hour
南川 茂樹(1Q〜2Q:月曜日4限 3Q〜4Q:金曜日4限)
開講年度
/Year of the Course
2017年度
開講学期
/Term
第4クォーター
対象学生
/Eligible Students
造形デザイン学科2年次生
単位数
/Credits
1.0
更新日
/Date of renewal
2017/03/28
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
該当なし
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
立体造形を形作る素材として、様々な素材が存在する。その中でも、加工のしやすさ、表情の豊かさを長所とするデザイン材料のひとつである木材について、その性質や特徴を理解するとともに、合わせて加工方法も学び、その実践として複数の技法を使用し制作を通して、木材の可能性を知る。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
太古の時代から日本人は樹とともに暮らしてきた。それらの様々な樹にまつわる事象を調べ、木材について関心を持つ。
履修上の注意
/Notes
課題制作における施設・機械の使用については、担当の教員の指導を必ず受けること。教室内での作業においても、制作にふさわしい服装で臨むこと。
教科書
/Textbook(s)
参考文献等
/References
「木工[樹をデザインする]」十時啓悦 監修 武蔵野美術大学出版局 2009年
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
日頃から自主的かつ積極的に授業内容に関連する事例を調査し、知識を深めること。
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
備考
/Notes
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配布資料
/Handouts
1 1 [木材について]
木材についての基礎知識(性質、特徴)を理解する
また、木製品を紹介し木材の可能性を知る
自主的に、木材に触れる パワーポイントハンドアウト
2 2 [木材の加工方法]
木材の加工方法と道具および加工機械の使い方を知る
3 3〜6 [課題1:動物のオブジェ]
木材の基本的加工方法を使用し、造形的立場から動物をデザインし制作する
制作の進捗によっては、時間外で補う
4 7〜10 [課第2:象眼・寄木]
技法のひとつである象眼・寄木を利用し、オーナメントを制作する
制作の進捗によっては、時間外で補う
5 11〜14 [課題3:他素材との組み合わせ]
木材以外の素材との組み合わせでデザインされた機能を持ったモノを制作する
他の素材について、各自で調査する
制作の進捗によっては、時間外で補う
6 15 [プレゼンテーションおよび講評]
3課題のプレゼンテーションを行う
プレゼンテーションの資料も併せて作成する
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
1 木材の性質・特徴を理解し、加工方法を体得する
2 知識・制作を通して、木材の可能性を知る
3 木材を使用したデザイン提案ができる
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
課題制作物 学習態度
1 木材の性質・特徴を理解し、加工方法を体得する
2 知識・制作を通して、木材の可能性を知る
3 木材を使用したデザイン提案ができる
評価割合(%)
/Allocation of Marks
80 20

科目一覧へ戻る