シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2017/06/15 現在

科目名(和文)
/Course
製品工作論
科目名(英文)
/Course
Studies in Product Construction
時間割コード
/Registration Code
34009501
学部(研究科)
/Faculty
デザイン学部
学科(専攻)
/Department
デザイン工学科
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
川月 清志
オフィスアワー
/Office Hour
川月 清志
開講年度
/Year of the Course
2017年度
開講学期
/Term
第3クォーター
対象学生
/Eligible Students
3年
単位数
/Credits
2.0
更新日
/Date of renewal
2017/03/21
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
該当なし
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
機械や手工具による工作理論と実際について学び、あわせて製品の基本的な製図法を習得し、ものづくりのための基礎的技術・技能を理解し習得することを目的とする。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
1. 出席状況および受講態度そして毎回のレポートと評価課題により確認と評価を行う。
2. 評価課題については、全ての提出がない限り単位は認定しない。
履修上の注意
/Notes
理論と実際を理解するために講義は演習を含めて行う。演習課題に製図機器や木工具等を使用するので、製図機器や手工具そして用材を学生各自で準備すること。
教科書
/Textbook(s)
教科書:「使用しない」ので自作教材資料を配布し授業を行う。
参考文献等
/References
参考書:木材の性質と加工、開隆堂。
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
身近に見られる建築や家具など生活用品の木製品デザイン(形・材質・工作法・価格)に興味をもつこと。
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
備考
/Notes
木工機械工作法を理解するために木材工房で演習を行う。 
授業補助:中原嘉之
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配布資料
/Handouts
1 1 [授業概要]
授業計画や内容そしてレポート提出法、工作工具各論
2 2 [機械と工作法]
木工機械と木工具による工作の実際的なものづくり事例
簡単な木工昨体験材料
3 3 [計測機器の種類と精度測定法]
ノギス、マイクロメーター、シックスネスゲージ、含水率計、など
計測練習問題
4 4 [製図法]
投影法(製図用具、製図通則、第一角法、第三角法、立体図によるデザイン製図法)
投影法練習問題
5 5 [木の文化]
自作プリントと視覚教材による
木工作品
6 6 [機械と工作法]
①鋸断加工 ②鉋削加工(演習:組木工作の部材木取加工) 
木工機械の種類
7 7 [機械と工作法]
③穿孔加工 ④旋削加工(演習:工作演習) ⑤研削加工 ⑥塑性加工(演習:工作演習)
木工機械の種類
8 8 [評価課題ⅰ]
組木工作:製作図の作成(三面図、部品図、アイソメ図)
組木(三本組)見本
9 9 [評価課題ⅰ]
組木のモデル工作演習(墨付け、仕口加工)
10 10 [評価課題ⅰ]
組木モデル工作完成(組立仕上げ)
11 11 [評価課題ⅱ]
機械工作による箱のデザイン演習(ネーミング。コンセプト、スケッチ、製作図)
12 12 [評価課題ⅱ]
機械工作による箱の工作図作成(三面図、原寸図、部品図、完成図)
13 13 [評価課題ⅱ]
箱のモデル工作:墨付(ケガキ)、木取り、部材加工、組立、表面加工(塗装) スケール:原寸or1/2モデル
14 14 [評価課題ⅱ]
箱のモデル完成(工作図面との誤差・ミスの確認、図面と作品の訂正)
15 15 [評価課題]
作品とデザイン図面(プレゼンテーションとして)提出、合評
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
1 手工作と機械工作の理論と工作法の実際について理解する。
2 製図法を習熟する。
3 測定機器により精度測定を行い製品精度への認識を深める。
4 モデル制作能力を涵養する。
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
評価課題ⅰ 評価課題ⅱ レポート提出
1 手工作と機械工作の理論と工作法の実際について理解する。
2 製図法を習熟する。
3 測定機器により精度測定を行い製品精度への認識を深める。
4 モデル制作能力を涵養する。
評価割合(%)
/Allocation of Marks
30 20 30 20

科目一覧へ戻る